本を「聴く」という楽しさ

こんにちは。

 

 

自宅で過ごす「おうち時間」が増えて、テレビをつけても「コロナ」のことばかり。

 

最近また「ながら読書」にハマっています。

 

洗濯しながら。

 

料理をしながら。

 

お茶をしながら。

 

散歩しながら。

 

運転しながら。

 

本を読むのではなくて、本を「聴く」というオーディオブックです。

 

ipadにaudible(オーディブル)というアプリをダウンロードして聞いています。 

 

何かをしながら…ということなので、やはり読むほどの、脳への浸透力はないかもしれませんが、効率よくやらなければならないことがはかどる、という効果を感じています。

 

ちょっと前にポッドキャストを聞いていて、ある方が本はオーディオブックで読んでいる、という話をしていて興味を持ちました。

 

iosには、読み上げ機能というのがあって、例えばAmazonの電子ブックをダウンロードしておけば聞ける、ということも知り試してみました。

 

ただ、あのSiriが読んでくれる、という感じなので、不自然さは否めません…。

(※でも2年前に比べてかなり自然になっていてびっくりしました!)

 

やっぱりちょっとこれは…、と思いaudibleを始めました。

 

audibleではたくさんの書籍が選べますが、Amazonの電子書籍kindleのように、Amazonで扱う本全てではなく一部です。

 

でも、読みたいな、と思える本がたくさんあってとりあえずダウンロードして貯めてあります。

 

私は特に、ビジネス系と心理学系を好んで聴いています。

 

「聞く」、というのはその瞬間の影響力がとても大きいと思います。

 

素晴らしい研修を受けると、その時とても気分が高揚してやる気満々になりますよね!

 

でも、一方でなかなかその気持ちを持続するということが難しいですよね…

 

ですから、自分がいいと思うことを何度も聞いて繰り返すことで、その気持ちを持続する手助けになるのだと思います。

 

自分を自分で洗脳する(自堕落に流れてしまう自分への戒め的な?)という感じですかね。

 

読書は短い時間にたくさん読むことはなかなかできませんが、聞くことはちょっとしたスキマ時間になにかをしながらできるので、ホントに面白いです。

 

また、audibleは以前は月額1500円で聞き放題だったのですが、今はコイン制に変わりました。

 

月額1500円で1コイン/月 付与され、1冊に付き1コインで購入OK。

 

ただし、返品交換可能!

 

・・・ということは、聞き終わったら返品して別の本に交換可能、ということで、実質聞き放題と同じ、という少々分かりにくいシステムです(笑)

 

同じような聞き放題システムのaudiobookもありますが、こちらよりもaudibleの方が蔵書数が多いです。

 

本を買って読むとしたらほぼ1冊の価格で何冊も読める、と捉えればメチャメチャ安いですし、全く聞かなければ月1500円は高いです。

 

これも、持続することで安いものになりますね!

 

ひとまず1ヶ月の無料体験期間中なので、継続しようか思案中です。